道具にまつわるお話 笹塚の住宅の現場にて

現場定例の中休みの時、お施主さんのご家族も交え、現場監督の梶原さん、大工の諸井さんから、道具にまつわるお話を伺いました。

自分たちが使う道具で、例えそれが工業製品だとしても、自分の手に合う、合わない、というのが確実にある、というお話。

かんなのお話から、鋸のお話とか、よく聞くといえばよく聞くお話ではありますが、改めて直接梶原さんや諸井さんから伺うと、とても説得力がありました。

いかに自分の手足でもある道具と向き合ってきたか、それがやはり仕事にも反映されるのだと思いますし、とても考えさせられるお話でした。

設計した笹塚の住宅は、その後もそんな諸井大工さんによって、着々と進められています。ありがとうございます。

関連記事

  1. 笹塚の住宅 現場進行中です!

  2. 久我山の住宅 パイプの囲いが解かれ、その姿、現る。

  3. Clients watched project, now under …

  4. 久我山の住宅 基礎立上りコンクリート打設されました。

  5. 久我山の住宅 実際にモノを見てみます

  6. 良いもの、頑張っているもの

  7. 笹塚の住宅 上棟式 木遣り歌に乗せて

  8. 笹塚の住宅 外壁確認を実施

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP