階段見学

設計した 桜が間近に見える家 の現場監督さんと一緒に、以前設計した狛江の住宅の階段を見学しました。

玄関ホールとの仕切りに、薄壁を設置して領域を分ける役目と、小さな子どもの昇り降りの際や、物の落下防止も兼ねています。

この薄壁、総厚みが41mmで造られています。設計時には、おおよそこれで造れるだろう、と、模型等で検討しましたが、現場に入って、大工さんたちとどう造るか一所懸命考案し、軸組にイーニッサンの平使いでも井桁に組んでがっちりとさせ、その両面を厚み5.5のシナベニヤで挟み込む、というやり方で造ったものです。

大人が力強く揺すっても、多少のブレは生じるものの、ほとんど動かないな、という印象を持つことができ、安心して昇り降りが可能になります。以前造ったものも参照しながら、じっくりと良い住宅を造っていきたいですね。

関連記事

  1. 久我山の住宅 地鎮祭 A ground-breaking ceremo…

  2. 道具にまつわるお話 笹塚の住宅の現場にて

  3. The construction site of new hair s…

  4. 久我山の住宅 基礎立上り型枠

  5. 久我山の住宅 パイプの囲いが解かれ、その姿、現る。

  6. House in Kugayama, exterior constru…

  7. 現場では捨てコン打設がおこなわれました。 Concrete has b…

  8. A study for a residential project i…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP