久我山の住宅 模型からのCG制作

実施設計図をひたすら描いたり、検討したりするのは続いているのですが、それでもお施主さんが外観や空間をイメージしやすいようもう一度模型を作るなどしています。特に外観の仕上げは、ご予算に応じて、そして見積もり金額に応じて変化していくことも予想されます。その時ある程度イメージの変化が分かりやすいように、バノラボでは模型を写真に撮り、それをコンピュータに外壁イメージと一緒に取り込みCGを制作するようにしています。

以前のブログでも書きましたが、人間の眼はシームレスに眼前に広がる風景を捉えているので、空間や物体を多角的に捉えるため模型はとても有用と考えています。CGもインパクトは強いので、初期のプレゼンとかは作る時もありますが、その時でも模型を第一に考えそれをコンピュータに取り込んで合成CGを制作しています。そうすると、紙面に印刷された空間と、この眼で見られる模型の両方があることになるので、一石二鳥でもありベストな状態に近づけると思っています。

DSC_0190

関連記事

  1. A new photo book for House in Kugay…

  2. 住まいながら、自然を楽しみながら。

  3. A study for a residential project i…

  4. いくつかのプロジェクトが進んでいます。 Several project…

  5. 久我山の住宅 実際にモノを見てみます

  6. 笹塚の住宅 地鎮祭

  7. 久我山の住宅 基礎立上りコンクリート打設されました。

  8. 笹塚の住宅 今年の現場納め

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP