3D modeling is working in progress. 3DCGでの検討も引き続き。

3D modeling is working in progress. 3DCGでの検討も引き続き進めてます。

ライノセラス(Rhinoceros)という3D制作のアプリケーションは使えば使うほど、その自由度の高さから使いやすさと、表現度の高さを実感できます。もちろん建築なのでBIMの方が良いのでしょうが、それでも、ソリッドモデル制作を気軽におこなえるこのライノの存在は欠かすことができないだろうな、と思います。

設計した桜が間近に見える家を、現場が始まってから改めて3Dモデルを起こしていると、次に何が話題になりそうか、よくよく見えてきます!設計時にもモデリングはしてるけど、基礎や躯体の軸組まではまだBIM使ってやってないので、今このモデリング作業をすると現場監督さんとの打合せもとてもスムーズ。じっくり家づくり進めていきます!

関連記事

  1. 笹塚の住宅 建築写真その後

  2. 建築、建築家、戦争、有事 — What can ”architectu…

  3. コンクリート打設 Concrete placement

  4. 3D modeling is working in progress.…

  5. 光と視線のコントロール。 louver design

  6. 笹塚の住宅 写真撮影

  7. A new hair salon “go s go .b&…

  8. design / concept / for architecture…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP