design concept. 設計する時に。

手描きのスケッチがあり、iPadでのスケッチもあり、iPadで写真を参照しながら、そしてパソコンのCADにて製図しながら、空間を形作っていきます。そんな設計の極ありふれた日常です。

様々なツール

どんなに便利なツールが出てきても、どんなに便利なサービスが出てきても、どうしてもそれに流されがちになってしまいますが、それでもやはり、ある意味、不便さもいかに楽しんでいけるか、いかに生活に無理なく取り込んでいけるか、というのは、とても重要なのではないかと思います。
ここ最近、たまに聞くフレーズではありますが、そこには、本当の答えみたいなものが常に潜んでいると思います。

快適な不便さとか、気持ちの良い面倒くささとかを建築でも自然に表現できたら良いのになあと思います。

関連記事

  1. 久我山の住宅 実際にモノを見てみます

  2. 久我山の住宅 基礎立上り型枠

  3. The construction site will start so…

  4. 建築、建築家、戦争、有事 — What can ”architectu…

  5. The construction site has finally s…

  6. Clients watched project, now under …

  7. 笹塚の住宅 今年の現場納め

  8. 再び、相模大野へ。 Going to Sagami-Ohno.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP