笹塚の住宅 外構工事 石との対話

とにかく石と会話します。石にだって役割があって、顔があって、表情だってある。わからなければ石に聞け、と。

そして、その「聞く」、ということ。石に聞いて、そしてお施主さん(の、特に親御さん)に、徹底的にお聞きしながら進めています。そうすることによって最初の計画から少しずつ少しずつ変化しながら、石や緑、土、その庭にある全てが生き生きとしてきます。

声なき素材、と思っていたその素材は、実はたくさんの声を聞かせてくれていることに気づきます。まあ、それはそうですよね。これから毎日、住まい手のお施主さんは、お庭にあるみんなを見て、お庭はお施主さんを見ているわけですから。

その時のことを想像してかしないでかは分かりませんが、職人さんたちは、一生懸命、石とお話しながら、何か会話をしているかのように想像させながら石を触り、動かしていきます。
元請けのやまひろさんのもとで外構工事をしてくださっている、一(はじめ)造園さんの職人のお二人、石とたくさん会話しながら進めてくださっています。

関連記事

  1. Raising the framework. 久我山の住宅 上棟しまし…

  2. 久我山の住宅 型枠がはずされました。 Forms were remov…

  3. 久我山の住宅 実際にモノを見てみます

  4. 建築、建築家、戦争、有事 — What can ”architectu…

  5. Now, work in progress, house in Kug…

  6. The construction site of new hair s…

  7. 道具にまつわるお話 笹塚の住宅の現場にて

  8. 吹抜けのあるリビング

    House in Kugayama, the construction…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP