久我山の住宅 実際にモノを見てみます

オンライン打ち合わせとか、オンラインショールーム見学とか、いろいろオンラインでできる体制が整いつつある昨今。もちろん今この時期は、なるべく人と人、人とモノが近づくのを避けようという目標がある時は、ある程度仕方ないと思うし、そうすべき、ということもあると思います。

でも、やっぱり自分の眼で、モノ、ゴトを見て、確かめて、という動作は、何にも代えがたいものがあると思うし、すごい貴重な体験だし、必要なことかな、と改めて思います。

自分の眼は、当たり前ですが自分の視野角において連続してモノ、というか景色、風景、眼前に見えるもの全部を捉えています。その一点に尽きるんじゃないかな、と思うのです。そこにそれに加えて手触り、匂い、聞こえてくること、様々な感覚が付いてきます。

素材は可能な限りですが、取り揃えて、水回りの設備等は、できるだけショールームにお施主さんと一緒に行くように努めています。目に触れる全ての情報から、その「瞬間」を捉え、その瞬間から放たれる意見を汲み取り、議論を交わし、新たな発見もありつつ、今までのことを確かめる。それがショールームなんじゃないかな、と思うのです。

この日はお施主さんと一緒に、LIXILさんと、TOTOさんのショールームを見学してきました。
上の画像は、TOTOのお風呂のモデルです。私自身は見る機会が多いのですが、それでも何度見ても面白いし、可愛いですよね。そしてイメージが付きやすいです。くるくると自分の手で回しながら、様々な角度から見ることができるので、想像が次々広がっていくのが楽しい瞬間ですね。

関連記事

  1. 良いもの、頑張っているもの

  2. Wooden construction has started ! 上…

  3. Wide sky and rows of gingko trees. …

  4. A new hair salon “go s go .b&…

  5. House in Kugayama, exterior constru…

  6. 久我山の住宅 パイプの囲いが解かれ、その姿、現る。

  7. BanoLabウェブサイト

  8. 笹塚の住宅 外壁確認を実施

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP