笹塚の住宅 外壁確認を実施

笹塚の住宅では、いよいよ足場をバラす日が近づいてきて、外壁や屋根の確認をおこないました。足場がある内は、色んな作業や確認がある程度容易にできるのですが、足場がバラされたあとは、そう簡単にはできなくなってしまいます。

そこで、何かあるかないか、それを最後にみるために、このタイミングで確認をおこなうのです。設計が終わっても、現場施工中の、こうした要所要所の確認作業が、設計を具現化する際にはとても重要な役割、工程となってきます。

バノラボでは、現場施工中もちろん何度も足繁く現場に通うのですが、こうした確認もまたとても重要に考えていて、一つ一つ丁寧におこなうようにしています。

足場が外れる間近の外観

とてもきれいに各所を納めてくださいました。こういう状態を見ると、やまひろ(施工会社の名称)に工事を依頼して良かったなあと思える瞬間です。現場監督で社長の梶原さん、大工の諸井さん、ありがとうございます。

屋根面です。竪ハゼの端部もとてもきれいに納めてくれています。

関連記事

  1. 久我山の住宅 パイプの囲いが解かれ、その姿、現る。

  2. 笹塚の住宅 建て方直前まできました。

  3. 再び、相模大野へ。 Going to Sagami-Ohno.

  4. 久我山の住宅 基礎立上り型枠

  5. 現場では捨てコン打設がおこなわれました。 Concrete has b…

  6. 笹塚の住宅 建築写真その後

  7. 3D modeling is working in progress.…

  8. reinforcement inspection. 配筋検査

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP