久我山の住宅 基礎立上り型枠

Preparing for concrete placement.
現場は、耐圧盤の照り返しの灼熱地獄の上、現在は立上りのコンクリート打設に向けて型枠を組み立てています。

通常木造の基礎部分のコンクリート打設は、耐圧盤と立上りで2回に分けておこないます。先日耐圧盤を打設したので、次は立上りを打設、というわけです。

ところどころ、必要なスリーブ等を仕込みつつ、丁寧に型枠を設置していただく職人さんには頭が下がるばかりです。とにかく暑いので気をつけてほしいです。

お施主さんも現場にいらっしゃいまして、現在の状況をご覧いただいたり、実際の広さ感覚を見ていただいたりしました。設計段階での模型や図面確認と、実際の現場はどうしても印象が異なりますからね。その場の雰囲気と同時に空間を把握していただくのは、イメージ湧いて良いですね。

DSC_1674

関連記事

  1. 建築、建築家、戦争、有事 — What can ”architectu…

  2. design / concept / for architecture…

  3. 久我山の住宅 地鎮祭 A ground-breaking ceremo…

  4. 久我山の住宅 模型を敷地に置いてみます

  5. 光と視線のコントロール。 louver design

  6. 再び、相模大野へ。 Going to Sagami-Ohno.

  7. 道具にまつわるお話 笹塚の住宅の現場にて

  8. 久我山の住宅 模型からのCG制作

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
PAGE TOP