久我山の住宅 模型を敷地に置いてみます

基本設計も打ち合わせをしながら進めています。その過程でいくつも模型を制作します。そしてただ作るだけではなく、時には敷地の上に置いて、光の当たり方を確認してみます。

実際の建築のミニチュア版(縮小版)だとしても、光の当たり方は同じです。こうして実際に敷地に置いてみると、どの部屋がどれくらいどこら辺から光が差し込んでくるかをイメージすることができるのです。

全体像を把握しやすくするように、模型をつくって検討します

関連記事

  1. 良いもの、頑張っているもの

  2. 光と視線のコントロール。 louver design

  3. 笹塚の住宅 現場進行中です!

  4. 建築、建築家、戦争、有事 — What can ”architectu…

  5. BanoLabウェブサイト

  6. 久我山の住宅 模型からのCG制作

  7. Work in progress, house in Kugayama…

  8. Now, work in progress, house in Kug…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP