久我山の住宅 模型を敷地に置いてみます

基本設計も打ち合わせをしながら進めています。その過程でいくつも模型を制作します。そしてただ作るだけではなく、時には敷地の上に置いて、光の当たり方を確認してみます。

実際の建築のミニチュア版(縮小版)だとしても、光の当たり方は同じです。こうして実際に敷地に置いてみると、どの部屋がどれくらいどこら辺から光が差し込んでくるかをイメージすることができるのです。

全体像を把握しやすくするように、模型をつくって検討します

関連記事

  1. コンクリート打設 Concrete placement

  2. reinforcement inspection. 配筋検査

  3. 笹塚の住宅 外壁確認を実施

  4. 再び、相模大野へ。 Going to Sagami-Ohno.

  5. Now working in progress. 大工さんの木工事と、…

  6. 1/30 scale model 大きい縮尺の模型

  7. 笹塚の住宅 建築写真とお庭

  8. 配筋作業が進んでます! Rebar work is in progr…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP