久我山の住宅 模型を敷地に置いてみます

基本設計も打ち合わせをしながら進めています。その過程でいくつも模型を制作します。そしてただ作るだけではなく、時には敷地の上に置いて、光の当たり方を確認してみます。

実際の建築のミニチュア版(縮小版)だとしても、光の当たり方は同じです。こうして実際に敷地に置いてみると、どの部屋がどれくらいどこら辺から光が差し込んでくるかをイメージすることができるのです。

全体像を把握しやすくするように、模型をつくって検討します

関連記事

  1. 光と視線のコントロール。 louver design

  2. 笹塚の住宅 建て方直前まできました。

  3. 道具にまつわるお話 笹塚の住宅の現場にて

  4. Now work in progress, House in Kuga…

  5. 住まいながら、自然を楽しみながら。

  6. 良いもの、頑張っているもの

  7. House in Kugayama, exterior constru…

  8. 吹抜けのあるリビング

    House in Kugayama, the construction…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP