1/30 scale model 大きい縮尺の模型

都内にて進めている住宅設計。その模型を1/30で作っています。アルバイトスタッフさんがテンポよく作ってくれています。

キモとなる吹抜け見下ろし

縮尺が30くらいになると、人の眼にそのスケールがどんどん近づいてきて、空間把握がよりリアリティ持ってできますよね。

今回の住宅のキモとなる“縦動線”。動線は、人が歩く以外の動線も大切に考えています。それはまた今度お伝えしますね。

吹抜けもリアリティ持って確認できます

関連記事

  1. 笹塚の住宅 建て方直前まできました。

  2. BanoLab part time staff is making a…

  3. Wide sky and rows of gingko trees. …

  4. A study for a residential project i…

  5. 笹塚の住宅 外構工事 石との対話

  6. BanoLabウェブサイト

  7. A study for a residential project i…

  8. 建築、建築家、戦争、有事 — What can ”architectu…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
PAGE TOP