1/30 scale model 大きい縮尺の模型

都内にて進めている住宅設計。その模型を1/30で作っています。アルバイトスタッフさんがテンポよく作ってくれています。

キモとなる吹抜け見下ろし

縮尺が30くらいになると、人の眼にそのスケールがどんどん近づいてきて、空間把握がよりリアリティ持ってできますよね。

今回の住宅のキモとなる“縦動線”。動線は、人が歩く以外の動線も大切に考えています。それはまた今度お伝えしますね。

吹抜けもリアリティ持って確認できます

関連記事

  1. 良いもの、頑張っているもの

  2. A new hair salon “go s go .b&…

  3. 久我山の住宅 パイプの囲いが解かれ、その姿、現る。

  4. 住まいながら、自然を楽しみながら。

  5. 久我山の住宅 模型を敷地に置いてみます

  6. 桜が間近に見える家の現場 墨出し作業

  7. 建築、建築家、戦争、有事 — What can ”architectu…

  8. 光と視線のコントロール。 louver design

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP