笹塚の住宅

「私は衣を脱ぎ、本の森へ帰る」

家族それぞれが外での活動を終え、家に帰ってくるとまず大きなクローゼットが迎えることとなる。そこで、それぞれが衣を脱ぎ、身体を軽くしたら2階に上がる。そこは家主が集めた各国の本が並んでいる森のような場所である。窓辺には2つのヌック、キッチン奥には書斎があり、家族は思い思いの場所で時間を過ごすことができる。

家全体は大きな屋根に包まれているような外観とし、またその外壁は実家との間に共有で作った日本庭園との境界にもなっている。古くから日本庭園の塀は額縁のように庭園を引き立ててきたが、この外壁は大きなスクリーンとなり庭での家族のひと時を映し出す。

PAGE TOP